イベント,  コラム,  恋バナ

婚カツパーティーあるあるについて①

友人F子の話である。

男性に好かれる系の美人である。

どれほどかというと、当時私が彼女に紹介した男性から私はこんなことを言われた。

「彼女を命がけで愛するから、彼女にアプローチしていいかな。君から乗り換えになるみたいで申し訳ないんだけど」

おいおい。

いつ、私とお前がそんな感じだったか……!??

まぁそれはよい。

「勝手にしてくれ」と私は快く回答した(^ー^)

もちろん彼女は即お断りしていた。

好きな男がいたからだ。

※この話は長くなるのでまた後日

さて、F子の話に戻ろう。

しかし彼女は働くことが好きではない笑

(私もそうである。)

彼女は働かないために、自分のために働いてくれる男を探すことにした。

そこでとある婚カツパーティーにいって、一人の男と出会ったのである。